10匹のにゃんころりん

アクセスカウンタ

zoom RSS

<<   作成日時 : 2007/11/14 00:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

11月8日から、秋を訪ねて、佐渡島、草津、伊香保とロングドライブをして来ました。

まずは初日、新潟発9時20分のフェリーに乗るため、自宅をなんと午前4時に出発。もし乗り遅れたら佐渡島観光ができなくなるからです。でも早朝の高速道路は順調で早く着き過ぎてしまいました。

新潟港に貼られていた可愛いポスター。
画像



佐渡汽船「おけさ丸」新潟港から佐渡島両津港まで2時間20分の船旅です。
画像


日本海
画像


両津港に到着し、昼食を取った後、トキの森公園に。

下記パンフレットより引用。
☆国際保護鳥トキについて☆
 トキはニッポニア・ニッポンという学名で、コウノトリ目、トキ科の一属一種に分類される鳥です。全長75cm、顔と脚は赤く、頭に細長い冠毛の束を持ち、体は淡いピンクを帯びた白色の羽毛でおおわれていますが、繁殖期には頭から背中にかけて灰色になります。山あいの湿地や水田で魚や昆虫などを捕食します。
 かつては日本の各地で見られ、新潟地区にも数多く生息していました。空を飛ぶトキの姿は美しく、「とき色」と呼ばれる、風切羽や尾羽のオレンジがかったピンクがいっそうあざやかに見えたものです。
 しかし明治以降、日本中でその数が激減し、1934年に天然記念物、1952年には特別天然記念物に指定され、1960年に東京で開催された第12回国際鳥類保護会議で国際保護鳥に指定されました。
☆引用終わり☆

日本では1981年、佐渡島の野生のトキを一斉捕獲し、人工繁殖に取り組んで来ましたが、36年生きたキンを最後に日本のトキは絶滅しました。1999年日中友好の証として、中国からトキのつがいヨウヨウとヤンヤンが贈呈され、今では106羽のトキが佐渡トキ保護センターで飼育されています。

さだまさしもトキを歌詞に織り込めた「前夜(桃花鳥)」という曲を作っています。まだその歌詞の中では7羽生存しています。人間の勝手で絶滅に追いやられたトキ。本物を目にしたとき、言葉もなく見入っていました。

今後は分散飼育、放鳥の試みとまだまだ試行錯誤が続いて行きます。神経質な鳥なので、近くで見ることはできません。多摩動物公園での分散飼育も非公開です。

画像


画像


画像


画像


トキの森公園を後にし、佐渡金山に向かうため大佐渡スカイラインへ

画像


画像


自衛隊の施設が山の中にありました。巨大なレーダーは北朝鮮に対する情報収集のためでしょうか?
画像


画像


画像


佐渡奉行所。復元施設です。
画像


日本海に沈む夕日。
画像


その日泊まった宿、相川温泉「いさりびの宿道遊」

続く・・・・・・





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます(※^0^※)
お天気にも恵まれたご旅行で良かったですね。
トキのポスター可愛い♪
でも・・・
日本のトキは絶滅したんですよね。
切ないお話です。
トキの姿って気品があって息をのみます。
中国からの贈呈・・
それも何だ切ないし。

旦那様の後ろ姿、素敵♪

ますきち
2007/11/14 10:31
こんばんはパートU(笑

日本のトキの絶滅は本当にせつないですね。江戸幕府は結構自然保護をしていたようなのです。

狩場は殿様以外のひとは狩りができないし、結果的に日本古来の動物が保護されていたのです。

でも明治政府は近代化を進めるために自然保護など考えなかったし、廃仏毀釈や廃城令により、壊されたお寺や仏像、お城がたくさんあります。

文明化がいいのかどうか考えてしまいますね。今回の旅行も高速道路のお陰で行けたのですが、至るところにある高速道路を走って複雑な気持ちになりました。絶滅した動物はトキ以外にもたくさんいますからね。

>旦那様の後ろ姿、素敵♪
本当はどいて欲しかったのに!(笑
nyanchi
2007/11/14 19:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
秋 10匹のにゃんころりん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる