10匹のにゃんころりん

アクセスカウンタ

zoom RSS 佐渡島〜志賀高原〜草津温泉・・・そして

<<   作成日時 : 2007/11/27 12:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

なかなか更新できないでいましたが、命の洗濯の旅2日目は佐渡島の宿寝木(タイムスリップしたようなところでした)から小木港へ。

フェリーで直江津に渡り、志賀高原、そしてお医者様でも草津の湯でもの草津温泉に♪3日目の様子はまた後ほど。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


着膨れています・・・・と言い訳してみる(笑
画像


ここで重大発表。ちびっちょい2号と3号はとうとう我が家の子になりました♪ d(⌒o⌒)b♪♪ d(⌒o⌒)b♪

画像


不妊手術のために入院した2匹でしたが、血液検査の結果、3号の腎疾患が判明。外猫での生活はかなり厳しいと判断。獣医さんは自分のところで飼ってもいいと言ってくださいましたが、2号だけ外猫は可哀想だし、動物病院で飼育されるということは、一生ケージ暮らしを意味します。たまに外に出してもらえても普通の飼い猫の生活とは違います。大変なことはわかっていますが、夫も病気の子猫を外においていたら、お前が辛いだろうと逆に後押しをしてくれました。

晴れて2匹は名前も改め、ラッキー君とマリーちゃんになりました(o^o^o)

ここまで来るにはさまざまな葛藤がありました。既に8匹の多頭飼いの我が家。経済的なこともさることながら、体力的に無理では?と何度も逡巡しました。でも最近の夜の冷え込みを肌に感じ、本当に家の中にいれてやれてよかったと思っています。

捨て猫は犯罪です。猫は野生動物ではありません。人間の手がないと生きていくこともできません。この子たちは幸運にも我が家の子になれました。でも誰の目にも留まらず、ひっそりと死んでいく猫もたくさんいるはずです。その上、センターや保健所、指定獣医によって人為的に殺されているのです。人間に命の選別をする権利などないはずです。

↓は川崎市のボランティア団体「犬猫救済の輪」の代表結さんが、捨て猫について警察とやりとりしたことを書いたブログです。

遺棄虐待犯罪は警察に通報を!

警察官でさえ、捨て猫が犯罪であることを知らない、悲しい現実・・・・・・・
結さんも書かれているように、啓発ポスターはとても有効なようです。2匹が捨てられた公園に私もすぐにポスターを貼りましたが、未だにはがされることなく、健在です

☆動物愛護管理法の罰則規定
愛護動物* をみだりに殺し又は傷つけた場合は、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処されます。また、愛護動物に対しみだりに給餌又は給水をやめることにより衰弱させる等の虐待を行った場合、あるいは遺棄した場合は、50万円以下の罰金に処されます。
*愛護動物とは、牛、馬、豚、めん羊、やぎ、犬、猫、いえうさぎ、鶏、いえばと、あひる、その他、人が飼っている哺乳類、鳥類、爬虫類をいいます。

「犬猫救済の輪」

膨大なサイトですが、是非読んでみてください。勉強になります。

いろいろな考え方の人間がいて、起こす行動もさまざまです。
でも忘れてならないのは、一度亡くなった命は二度と帰っては来ないこと、肝に命じたいと思います。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは☆

あっ、タイトルも10匹のにゃんころりんになったぁ〜♪
今日はラッキー君とマリーちゃんはどうしてましたか?
もう他の8にゃんころりんとのご対面は済んだのでしょうか?

実は、最近2、3歳くらいかなぁと思える子とまだ半年くらいかぁという子が隣接している土手に現れます。
今日はその2匹が向かい合って唸っていたので、やめさせようと土手に上がったら2匹とも離れたんですが道路のほうに走っていってしまって、危うく車にはねられるかと思いました。
主人に「むやみに近づいたりしちゃいけないよ!
逃げながら車にはねられたらどうするの!」と怒られました。
反省中です(><)。

ますきち
2007/11/28 00:02
そうですかー、2匹ともおうちの子になりましたか。腎疾患というのは結構BUNやCreが高い数値だったのかしら。心配ですね。
こゆき
2007/11/28 00:10
■ますきちさん、おはようございます(=^・^=)
ラッキーとマリー他の猫とのご対面を済ませ、いろいろと探検しています。でもまだ一階に下りて来る勇気はないようです。ゆっくり時間をかけてなじんでいくことでしょう。

野良らしき猫を見ると、気になりますよね〜。私は神様どうかもう子猫に遭わせないでとお願いしています。本当にこれ以上増えたら、大変なことになりますからね。

その猫ちゃんたち飼い猫だといいですね。せめて出入り自由な飼い猫には首輪ぐらいつけて欲しいですね!

■こゆきさん
ストラバイトではなく、何かの値が高いと言われました。腎不全になる可能性があるので、今後はずっとサポート食です。でもあのまま外においていたら長生きできなかったでしょう。よかったと思っています。
nyanchi
2007/11/29 06:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
佐渡島〜志賀高原〜草津温泉・・・そして 10匹のにゃんころりん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる